« ダメ人間 | トップページ | ベルギーGPフリー走行1回目 »

2007.09.14

マクラーレン、2007年ポイント剥奪と罰金1億ドル

FIAの声明全文
2007年9月12日パリで開催された世界モータースポーツ評議会の臨時会議において、以下の決定が下された。

「WMSCは、2007年フォーミュラワン・ワールドチャンピオンシップにおけるボーダフォン・マクレーン・メルセデスの全コンストラクターズ・ポイントを剥奪する。チームはシーズン残りについてポイントを獲得することはできない*」

「さらにチームは、ポイント剥奪によって失う収入を含めて1億ドルに相当する罰金を支払うものとする」

「しかし、FIAが証拠提出の見返りとしてチームのドライバーに免責を与えたという特殊な状況により、ドライバーズ・ポイントには処分が科されない**」

「WMSCは、2008年マクラーレン・マシンの詳細な技術報告書を受け取り、チームに対して2008年シーズンに処分を適用する場合はその処分について2007年12月に話し合う」

この決定に関する詳細な根拠は2007年9月14日に発表する予定である。

* 今シーズンこれまで他のチームが獲得したポイントは影響されない。
** マクラーレンのドライバーが2007年シーズンの残りのレースで優勝した場合でも、マクラーレンの代表者は表彰台に上ることはできない。

-------------------------------------------------------------------------

今朝このような裁定がおりたのですが、まあ全ポイント剥奪と罰金の額については
色々あるでしょうが、件の情報によってマクラーレンのマシンに何らかの
アドバンテージが生まれたとかアイディアを流用したとかは考えにくい
ですが、機密情報を持っていたこと自体には何らかのペナルティが
必要だとは思ってましたから。

まあしかし、裁定の内容に統一感が無いのがいつもの感じですね。

しかしコレで、スーパーアグリはコンストラクターズ7位となる訳ですな。

|

« ダメ人間 | トップページ | ベルギーGPフリー走行1回目 »

F1」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マクラーレン、2007年ポイント剥奪と罰金1億ドル:

» マクラーレンの今季コンストラクターズポイント剥奪!!&罰金1億ドル [Escape Zone]
13日に行われたFIAの世界モータースポーツ評議会において、マクラーレンにスパイ行為があったとして、今季全戦のコンストラクターズポイント剥奪と、罰金1億ドル(約110億円以上)のペナルティが与えられた。 ドライバーについては、証拠提出による特別措置としてペナルテ...... [続きを読む]

受信: 2007.09.14 23:28

» マクラーレンが、今シーズンのポイント剥奪+罰金1億ドルで苦境に [営業ネタに使えるニュースマガジン]
マクラーレンが、今シーズンのポイント剥奪+罰金1億ドルで苦境にフェラーリ(Ferrari)チームの機密情報が、ライバルチームのマクラーレン・メルセデス(McLaren-Mercedes)へ流されたとされる一連のスパイ疑惑で、国際自動車連盟(Federation Internationale de l’Automobile:FIA)は、今シーズンのコンストラクターズポイント剥奪と1億ドル(約114億円)の罰金を、マクラーレンに科しました。FIAは、マクラーレンが780ページにお...... [続きを読む]

受信: 2007.09.15 07:01

« ダメ人間 | トップページ | ベルギーGPフリー走行1回目 »