« バーレーンGPフリー走行3回目 | トップページ | SD14みてきますた »

2007.04.16

バーレーンGP決勝

マッサが圧勝で、アロンソ、ライコネン、ハミルトンが22ポイントで
並び近年まれに見る混戦模様になってきました。

面白かったのは、ハイドフェルド、クルサードの追い上げ
ハイドフェルドに至ってはアロンソを撃墜。
これがなければ、1ポイント差でアロンソが首位だったワケですよ

Sアグリの二人はレースペースも上がらず、エンジンブローでリタイア
デビットソンは変則2ストップ作戦でしたが、こちらもあと数周を残した
ところでエンジンブロー。

次は3週間のインターバル後ヨーロッパラウンドでホンダがBスペック
ぐらいの大改造してくると面白くなるんだけどなぁ~

|

« バーレーンGPフリー走行3回目 | トップページ | SD14みてきますた »

F1」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バーレーンGP決勝:

« バーレーンGPフリー走行3回目 | トップページ | SD14みてきますた »